ホーム » 未分類 » 競合他社に水を空けられないように

競合他社に水を空けられないように

残念ながらとも言うべきでしょうか、今は競合他社の中に多くの企業があり、その中で生き残るためにはそれなりの投資も必要になります。できるだけ他の企業が使っていないシステムを導入したり、他の企業がターゲットにできていない層をいち早く取り込んだり。

その一つにSFAの導入があります。主に新規顧客の獲得を目指す会社向けにSFAは作られていて、ルート営業の営業マンであれば、今日、営業に回るべき営業先をSFAが教えてくれたり、抜けや漏れが起きていればそれもSFAが教えてくれるんです。

勿論、これらのことを知るだけで売り上げがアップするのではありません。あくまでシステムはシステム。それを効果的に使いこなすのは人間です。でもその使う人間が、どういった目的があってSFAを使い、自分たち、自社の中のどういったことに活用していけば良いのかをしっかりと把握、実行していくことで、SFAのメリットを最大に享受でき、競合他社に水を空けられることなく、自社が空けることができる可能性も出てくるわけです。

未分類

コメントはまだありません to “競合他社に水を空けられないように”

Leave a Reply

(必須)

(必須)