Webマーケティング関連ニュース http://www.literacykits.com Sun, 20 May 2018 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 LTVの最大化! http://www.literacykits.com/index.php/2018/05/21/bookmarks-of-20180521/ http://www.literacykits.com/index.php/2018/05/21/bookmarks-of-20180521/#comments Sun, 20 May 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/literacykits-com/index.php/2018/05/21/bookmarks-of-20180521/ 営業現場において、LTVを最大化させる!とあるコラムに書かれていました。LTV?どこかの放送局??・・なわけありませんよね^^LTVとはライフタイムバリューのそれぞれの単語の頭文字を取ったもの。CRMを活用し、顧客のLTVを最大化することが、その後の売り上げアップに貢献すると言われています。

残念ながら現代は、顧客は常に宙に浮いているようなもの。固定客と思っていても、明日は別の店の客になっていることも多々あるわけです。しかも、商品はどこの会社のものでも似たり寄ったり。価格を下げることで顧客は集まるものの、それで定着する、という確証も無いわけです。ではどのようにして顧客離れを防ぐのか、それがLTVの最大化なんですね。

顧客それぞれが求めているニーズを顧客よりも前に探り出すこと。そして、顧客が必要とする前に顧客に情報提供をすること。さらに、クーポンやメルマガなど、それぞれの顧客に合った内容を提供すること。これらがCRMによって実現できるんです。

]]>
http://www.literacykits.com/index.php/2018/05/21/bookmarks-of-20180521/feed/ 0
優良顧客だったのに! http://www.literacykits.com/index.php/2018/05/09/bookmarks-of-20180509/ http://www.literacykits.com/index.php/2018/05/09/bookmarks-of-20180509/#comments Tue, 08 May 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/literacykits-com/index.php/2018/05/09/bookmarks-of-20180509/ CRMを活用し、顧客をランク分けし、それぞれに最適な情報や商品の提供をしていく。顧客の満足度を向上させ、既存顧客を優良顧客、リピーターとして育てる。これが実際に実現できたとしても、その後どうなるのか、ここも問題があるんですよね。

先月までは優良顧客だったのに、知らないうちに居なくなっていた・・ということも、実はよく起きているんですよね。せっかく優良顧客まで押し上げたことができたのにと、悔しい思いをする場合もあると思います。

あるサイトでは、常にPCDAを回すこと、これが優良顧客を逃さない策だと書かれていました。計画、実行、検証、改善・・でしたよね^^これらをしっかりと行うことが大事で、実行できれば、優良顧客となった人や会社が離れていく確率もぐっと少なくなるということです。

でも、顧客としてはひとつの会社のものではなくて、いろんな会社のものを試したいですよね^^そして、もし商品の質が良ければきっとまた戻ってきてくれるのでは・・と思いますね。

]]>
http://www.literacykits.com/index.php/2018/05/09/bookmarks-of-20180509/feed/ 0
専門のチームを作るとうまくいきます http://www.literacykits.com/index.php/2018/04/26/bookmarks-of-20180426/ http://www.literacykits.com/index.php/2018/04/26/bookmarks-of-20180426/#comments Wed, 25 Apr 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/literacykits-com/index.php/2018/04/26/bookmarks-of-20180426/ SFAの導入失敗には、途中で使い方が分からなくなってしまう・・ということが多々あるとのこと。最初でつまずいてしまうケースだってあります。

導入時には、ベンダーのスタッフから使い方の説明は受けているでしょう。その時はきっと理解していても時間が経過し、いざ一人でSFAを開いてみると、どこからどうてを着けて良いのかわからない、といった事もあるんです。

また、使いなれてくると拡張したくなったり、他の機能の追加、カスタマイズなども必要になってきますよね。それらもいちいちベンダからスタッフに来てもらうのは、時間もかかるし面倒。できれば社内ですべて対応できるようにしたいものです。

そこでおすすめなのが、社内にチームを作ること。SFA専門の。SFAの導入前には、きっとどのベンダのどんな機能が自社に合っているかなど、選定している人達がいるはずです。このような人たちを中心にSFAチームを作れば、使う人たちも安心して使ってくれるはずですよ。

knowledgesuite.jp

]]>
http://www.literacykits.com/index.php/2018/04/26/bookmarks-of-20180426/feed/ 0
詳しい人もそうでない人も http://www.literacykits.com/index.php/2018/04/20/bookmarks-of-20180420/ http://www.literacykits.com/index.php/2018/04/20/bookmarks-of-20180420/#comments Thu, 19 Apr 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/literacykits-com/index.php/2018/04/20/bookmarks-of-20180420/ CRMを社内で日常的に利用できるようにするには、ITに詳しい人、そうでない人も扱えるツールであること、これが非常に重要です。

パソコンを使えるのは使えるけど、専門的な知識はほとんどなく、やっとExcelを使える程度。きっとこういったビジネスマンも多いでしょう。むしろこのような人の方が実際には多いのかもしれません。

そのためCRMを導入してみても、管理画面が複雑だったり使いなれたExcelとは全く使い勝手が違っているものであれば、導入当初から社員たちは敬遠することでしょう。

こういった事態に陥らないように、いくつかのポイントがあります。例えば、導入前から社員の研修を行ったり、専門知識を身に着ける教育を行う。ベンダからスタッフを派遣してもらい学ぶ、といったこともありますが、時間、お金も無い、という会社ではこれらは無理ですよね。

従って、最初から使い勝手にこだわったCRMを選ぶ、という手をおすすめします。最近ではこのようなベンダも数多くでてきているので、ITに詳しくない人でもとっつきやすく利用も長期化できるようです。

https://knowledgesuite.jp/service/crm.html

]]>
http://www.literacykits.com/index.php/2018/04/20/bookmarks-of-20180420/feed/ 0
デメリットも知っていれば http://www.literacykits.com/index.php/2018/04/14/bookmarks-of-20180414/ http://www.literacykits.com/index.php/2018/04/14/bookmarks-of-20180414/#comments Fri, 13 Apr 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/literacykits-com/index.php/2018/04/14/bookmarks-of-20180414/ CRMの導入においては、良いことばかりが言われていますが、むしろ悪いこと、デメリットの方が目立ち、その結果CRMを途中で止めてしまうこともあるそうです。

だったら、導入前からそのデメリットを知っておくことで、実際にデメリットに出会った際には「想定内だから」と安心できると思いませんか?

ではどういったデメリットがあるのか。まずはその情報入力の手間ですよね。CRMには社内にすべてある顧客情報のすべて、属性情報、過去の購買情報、そしてコールセンターなどへの質問、要望などを入力することが第一段階となります。これがとにかく大変なんですよね。次に、導入費用、運用費用には相当なコストがかかります。0円と謳っているアプリなんかもありますが、やはり必要な機能、便利なものを使おうと思うとそれなりのコストはかかるものなんですね。そして、すぐに導入の効果が見えてこないこと。これまた、入力を頑張った人にも不安をもたらします。

その先には頑張った分だけの成果は必ずあると思うので、そこまで引っ張ることができる管理者が居てくれると良いですね^^

名刺CRM紹介 |サービス案内

]]>
http://www.literacykits.com/index.php/2018/04/14/bookmarks-of-20180414/feed/ 0
少し進んだら http://www.literacykits.com/index.php/2018/04/06/bookmarks-of-20180406/ http://www.literacykits.com/index.php/2018/04/06/bookmarks-of-20180406/#comments Thu, 05 Apr 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/literacykits-com/index.php/2018/04/06/bookmarks-of-20180406/ やっとSFAの入力に営業マンたちが慣れてきたら、そのまま継続のみに力を入れるのではなくて、さらに良いものにするために、日報の記入の仕方をルール化することもおすすめです。

最近サービスが始まったSFAであれば、そのほとんどは項目だけのチェックだったり、2、3分で終わるような簡単な日報になっていますが、やはりこれだけでは上司は営業プロセスをしっかりと把握することはできませんよね。

そこで、カスタマイズや機能の追加を行い、文章での入力を増やしていきます。その際、ダラダラと事実を書き込むのではなくて、文章の例をいくつか作っておき、それに沿って入力をしていくと良いでしょう。営業マン同士で話し合い、決めることで、より良い提案も出てくるかもしれません。

また、入力したデータも有効活用できるように、検索にかけやすいよう、入力することもおすすめです。案件名、顧客名、日付を最初に持ってくるなど、後からの使い勝手まで年頭に置いておくと良いでしょう。

マーケティングソリューション

]]>
http://www.literacykits.com/index.php/2018/04/06/bookmarks-of-20180406/feed/ 0
チームで競い合うことも http://www.literacykits.com/index.php/2018/03/30/bookmarks-of-20180330/ http://www.literacykits.com/index.php/2018/03/30/bookmarks-of-20180330/#comments Thu, 29 Mar 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/literacykits-com/index.php/2018/03/30/bookmarks-of-20180330/ よく、SFAを使うとチーム内の営業力を強化できると言われていますよね。何でそんなことができるのか知っていますか?

SFAはそれぞれの営業マンの日々の営業内容、進捗状況や顧客情報を入力していくツールでもあります。そしてそれはすべて社内で共有化されるんですね。ここが最も重要なことで、マネージャーは営業マンの営業活動をリアルタイムでチェックすることができるようになるんです。

そして、共有化によって自分以外の営業マンの報告を確認することができるようになるため、成績の悪い営業マンは成績の良い営業マンの営業手法をSFAから学び、自分の営業に活かすことができる。その結果、営業手法が向上し、すべての営業マンの営業力が強化できるというわけです。

ただ、自分の営業手法を真似されてしまうと、やる気を無くす営業マンもいそうでは無いですか?^^ここが難しいところですよね。

そこで、営業マンたちの士気を上げるためにもチーム内で営業力を競わせ、常に自分の営業手法を磨いていく、といった風にマネージャーさんたちは誘導していく必要がありそうです。

knowledgesuite.jp/service/crm/marketing.html

]]>
http://www.literacykits.com/index.php/2018/03/30/bookmarks-of-20180330/feed/ 0
項目チェックが効果的! http://www.literacykits.com/index.php/2018/03/20/bookmarks-of-20180320/ http://www.literacykits.com/index.php/2018/03/20/bookmarks-of-20180320/#comments Mon, 19 Mar 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/literacykits-com/index.php/2018/03/20/bookmarks-of-20180320/ 日報をちゃんと記入して、営業の振り返り、今後の指針にするなど、有効的に日報を活用できている営業マン。しかし、それを確認する上司は困っています。

担当している営業マンたちの日報の書き方がバラバラ。上司が知りたい情報がうまく記入されていない。文章でダラダラと報告されているので、欲しい情報にいつたどりつけるかわからない。こんな風に上司は感じているんですね^^

でも、営業マンとしては「何か問題でも?」と思ってしまいますよね。わざわざ日報のために帰社して、詳細に営業活動を報告しているのだから、これ以上どうしろと?と^^

そこで提案です。この日報にSFAを活用してみてはいかがでしょうか。SFAを使えば、まず帰社する必要がありません。い営業後すぐにどこにいても入力が可能なのです。また、項目の設定ができるため、上司が欲しい情報を項目にし、そこにチェックを入れるだけで理解できるようにするんです。こうすれば、上司だけではなくて他の営業マンも自分以外の日報によって情報が共有化され、業務の効率化も実現できるはずです。

セールスフォースオートメーション

]]>
http://www.literacykits.com/index.php/2018/03/20/bookmarks-of-20180320/feed/ 0
クラウドの活用が http://www.literacykits.com/index.php/2018/03/11/bookmarks-of-20180311/ http://www.literacykits.com/index.php/2018/03/11/bookmarks-of-20180311/#comments Sat, 10 Mar 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/literacykits-com/index.php/2018/03/11/bookmarks-of-20180311/ 働き方改革が浸透し、何時から仕事で何時で仕事を終わるというきっちりと時間の境目を感じない職業の人でも、これからはその境目をハッキリとさせ、働き方というものを効率化していこうとされているそうです。

ということは、企業で働き営業マンなどももっとその改革を促進していく必要がありそうですね。最も簡単にそれができるようになるがシステムの導入。いろいろなITシステムがありますが、名刺の管理にしてもシステムを導入することで様々なメリットを受けることが可能です。

最も便利なのがクラウドの活用です。自社でサーバーを持たずとも大量の情報を蓄積でき、いつでもどこでも簡単に取り出すことが可能になったことで、名刺情報も欲しい時にすぐに出して利用できるんですね。

参照URL

]]>
http://www.literacykits.com/index.php/2018/03/11/bookmarks-of-20180311/feed/ 0
OCRとはまだ違う http://www.literacykits.com/index.php/2018/03/01/bookmarks-of-20180301/ http://www.literacykits.com/index.php/2018/03/01/bookmarks-of-20180301/#comments Wed, 28 Feb 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/literacykits-com/index.php/2018/03/01/bookmarks-of-20180301/ いくつかの名刺の管理ツールを使った経験がある人ならわかるでしょう。会社によって名刺の情報の正確さに、違いがあるということを。

OCR技術が高度化しているため、以前のように文字化けしたりすることなく、名刺情報はデータ化されます・・と謳われていても、やはりまだまだミスは多いんだそうです。期待して使ってみても、どうしてもすべての項目が完璧にデータ化されることも無いと。。

ところが人の手で入力している会社のものは、ほぼパーフェクト。感動するそうです、他の会社を知っていると^^人の手入力で有名なのはSansanですよね。名刺一枚を一人がすべて入力することはありません。名刺を3つくらいに分割して、入力する人が名刺の人物を特定できないような工夫がされているので、セキュリティも問題無し。やはりまだまだ人の手が必要なのですね。

knowledgesuite.jp/service/crm-point.html

]]>
http://www.literacykits.com/index.php/2018/03/01/bookmarks-of-20180301/feed/ 0