Webマーケティング関連ニュース http://www.literacykits.com Tue, 28 Nov 2017 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 あまり信用しない方が・・ http://www.literacykits.com/index.php/2017/11/29/bookmarks-of-20171129/ http://www.literacykits.com/index.php/2017/11/29/bookmarks-of-20171129/#comments Tue, 28 Nov 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/literacykits-com/index.php/2017/11/29/bookmarks-of-20171129/ CRMに蓄積される顧客情報の中には実際の顧客の声やアンケートなどによる調査結果も含まれますよね。顧客の本当の声を企業が分析することで、顧客を満足させられる商品やサービスの提供が可能になるから。

でも・・私ちょっと不安に思うことがあるんです。友人がアンケートサイトのようなもので毎日のようにアンケートに答えているそうです。しかも一回のアンケートに出る報酬は2円とか3円だとか。。ちりも積もれば・・とは言いますが、時間はかかるし手間もかなりかかりそうですよね。それを言うと、とても意外な答えが返ってきたんです。「そんなの適当だよ!」って。。いいのかそれで??と心の中で思ってしまいましたが^^確かに2円、3円しか報酬を出さないのに、10問、20問と半端ない数の問いがあったりするとのこと。1問と言っておきながら、そこにはチェックを付ける箇所が50近くあったりするそうです。なので、一番右側ばかりをチェックして適当に回答するんだとか。。

こんな人は少ないとは思いたいですが・・、企業さんもアンケート結果を100%信用するのは控えた方が良いかもしれませんよ^^

ナレッジスイート

]]>
http://www.literacykits.com/index.php/2017/11/29/bookmarks-of-20171129/feed/ 0
見込み客のニーズを知れ! http://www.literacykits.com/index.php/2017/11/22/bookmarks-of-20171122/ http://www.literacykits.com/index.php/2017/11/22/bookmarks-of-20171122/#comments Tue, 21 Nov 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/literacykits-com/index.php/2017/11/22/bookmarks-of-20171122/ 見込み客がホームページ内に入り、何らかの商品を調べていたことがわかると、あらゆる情報網を駆使して電話やメールを送ることでしょう。しかし反応が悪ければ「この顧客へのアプローチはこの時点で終了!」ということになってしまうことでしょう。

でも逆の立場に立って考えると・・。色々と調べ、良い商品を見つけたものの翌日から電話がかかったりメールが届くようになる。これでは気が引けてしまいますよね。購入予定はあるものの決定出ないのでハッキリとした態度も取れず。。

しかし営業をしてきた会社はあなたのことを購入に至らなかった客、として扱うわけです。これは非常に勿体ないことですよね。SFAを活用すれば見込み客がどのキーワードで自社ページに来たのか、どんな商品に興味をもち比較検討したのか。細かな足跡をデータ化することで、見込み客のニーズを知ることが可能になるんです。そうすれば、単に電話、メールを送るだけではなくて、客のニーズに合った商品や参考になる情報などを提供し、つながりを深く持つことも可能になるんですね。

ナレッジスイート

]]>
http://www.literacykits.com/index.php/2017/11/22/bookmarks-of-20171122/feed/ 0
CRM活用してる? http://www.literacykits.com/index.php/2017/11/15/bookmarks-of-20171115/ http://www.literacykits.com/index.php/2017/11/15/bookmarks-of-20171115/#comments Tue, 14 Nov 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/literacykits-com/index.php/2017/11/15/bookmarks-of-20171115/ たまに勝った商品についてわからないことがあったり、もしかして不具合?と思うことがあると、その会社に問い合わせすることがあります。

結構、勇気が必要ですよね^^初めての会社だし、何をどのように最初に話せば良いのか・・迷うものの、やはり直接その会社に問い合わせしないと何も進まないので。

勇気を出して電話。すると自動音声が流れ、とりあえずここかな?とあいまいなまま番号を選択し、しばらく待つとスタッフにつながります。その際のスタッフの対応で、「この会社好き!」か「この会社嫌い!」かが決まるんですよね^^

口調は優しくても心が無かったり、明らかに面倒そうに対応されたり。そんな時、思うんです。お宅の会社でもCRMを活用した方が良いんじゃないですか~~?って^^CRMを使っていれば顧客満足を上げるための施策をいろいろと取り入れているはず。でもまったくそれを感じられない、ということはまだ導入されていないのかと。

問い合わせの部署が直接顧客とつながる重要部署であることを、ぜひとも知っておいてほしいですよね。

スケジュール管理機能 |サービス紹介

]]>
http://www.literacykits.com/index.php/2017/11/15/bookmarks-of-20171115/feed/ 0
CRMは大きな意味を持っている http://www.literacykits.com/index.php/2017/11/08/bookmarks-of-20171108/ http://www.literacykits.com/index.php/2017/11/08/bookmarks-of-20171108/#comments Tue, 07 Nov 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/literacykits-com/index.php/2017/11/08/bookmarks-of-20171108/ 資生堂の商品を買ったところ、ワタシプラスというサイトへの登録が必要だったので登録。その後何度かこのサイトで商品の購入をした経験があります。

このワタシプラスというサイト、実はCRMの導入を行ったことで顧客満足度をアップし、顧客の維持に成功していたんだそうです。

CRMの導入前も、サイト会員に対してメールを配信するなど営業を行っていたそうですが、なぜかサイト会員を退会する人が増加。サイト会員が欲しがるサービスが提供できていなかった、という反省があり、CRMを導入したそうです。

導入後は顧客が望むような内容のメールの配信、配信のタイミングなど顧客目線を重視したとのこと。これらが功を奏し、会員の維持が可能になったようですね。

私が商品を購入したころにすでにCRMが導入されていたのかは不明ですが、私一人はともかくとして^^導入後に会社全体として利益が上がっていて、しかも顧客維持ができているのであれば、確かにCRMは大きな意味を持っているんですね。

名刺 crm

]]>
http://www.literacykits.com/index.php/2017/11/08/bookmarks-of-20171108/feed/ 0
使いたくても使えない http://www.literacykits.com/index.php/2017/09/14/bookmarks-of-20170914/ http://www.literacykits.com/index.php/2017/09/14/bookmarks-of-20170914/#comments Wed, 13 Sep 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/literacykits-com/index.php/2017/09/14/bookmarks-of-20170914/ テレビや雑誌で見た欲しい商品。ネットで検索すればすぐにそれらを探し出すことができますよね。値段も種類も豊富で、ECショップだけで大成功を収めている会社もたくさんあります。

そのECショップですが、CRMを活用することで既存顧客を優良顧客へと誘導することも可能なのにそれが実現できていないショップがほとんどなんだそうです。

その理由としては、CRM設置、運用にお金と手間がかかること。データ入力のためのデータ収集の方法がわからないこと。そして、そもそもCRMがどのようなものなのかいまひとつ理解していないこと。これらが大きく要因となってCRMの導入が見送られているんだそうです。非常に勿体無いことですよね。導入できれば更なる売り上げアップが期待できるのに。。

ではこのようなショップでCRMを導入するにはどのような方法を用いたら良いのか。それは、ECショップ専門のCRMサービス会社を探し、全てをサポートしてもらうんです。ノウハウが多い会社であればあるほど、サポート力も安心ですよ!

]]>
http://www.literacykits.com/index.php/2017/09/14/bookmarks-of-20170914/feed/ 0
レベルアップが自然と http://www.literacykits.com/index.php/2017/08/29/bookmarks-of-20170829/ http://www.literacykits.com/index.php/2017/08/29/bookmarks-of-20170829/#comments Mon, 28 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/literacykits-com/index.php/2017/08/29/bookmarks-of-20170829/ SFAの活用は営業マンにとって面倒なこと、といったイメージがありますよね。でも使いこなせれば強力なサポーターとして売上アップにも貢献してくれるシステムなわけで、ぜひとも活用していきたいですよね。

そのためには、営業マンにとってSFAがどれだけ有効なシステムであるのかを知ってもらう必要があります。例えば営業のレベルアップ。SFAを導入することで、優秀な営業マンが日々どのような営業活動を行っているのかを参考にすることができるようになります。

SFAにおいては、営業日報や顧客情報など全てが部署内、あるいは会社全体で共有できるようになります。自分以外の営業マンの情報がいつでもどこでも参照できる、というわけです。これってすごくないですか?

実際に優秀な営業マンにアドバイスを求めることや、アプローチの仕方などを教わるのはちょっと気が引けますよね。でも、SFAを使っていれば断りをしなくても^^参考にすることができるんです。

会社としてもこのような行動によって全体の営業レベルがアップしていくため、売上アップにつながるんですね。

sfa システムに関する申込みはこちら

]]>
http://www.literacykits.com/index.php/2017/08/29/bookmarks-of-20170829/feed/ 0
一度に使おうとしない http://www.literacykits.com/index.php/2017/08/21/bookmarks-of-20170821/ http://www.literacykits.com/index.php/2017/08/21/bookmarks-of-20170821/#comments Sun, 20 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/literacykits-com/index.php/2017/08/21/bookmarks-of-20170821/ 新しいシステムの導入は、その使い方が難しいものの軌道に乗れば比較的スムーズに進めていける、と思いがちですよね。しかしこれは少ない機能でも運用ができるからこそ。

より多くのメリットを享受しようと、システムを導入する際にあれもこれもとメリットがありそうな機能をたくさん入れてしまうことで、かえって運用を難しくしている場合もあるんです。

ここで注意したいのが、一度にこれらの機能を営業マンが使おうとすること。あれもこれもと欲張ることで、営業マンが本来行いたい営業に集中ができず、システムへの入力に全精力を使わないといけなくなってしまうんですね。

営業支援ツールとして最近導入が進んでいるSFAが、まさにそのシステムと言えるんです。毎日システムの使い方に終始していると、その負担からSFAを使うこと自体止めてしまう営業マンも出てきてしまうことも。

多くの機能を導入しても良いのですが、導入時には1つか2つの機能から使い慣れていくこと、そして1つずつ使う機能を増やしていくこと、これが重要なんだそうです。

]]>
http://www.literacykits.com/index.php/2017/08/21/bookmarks-of-20170821/feed/ 0
アイソンのサービスを開始 http://www.literacykits.com/index.php/2017/08/14/bookmarks-of-20170814/ http://www.literacykits.com/index.php/2017/08/14/bookmarks-of-20170814/#comments Sun, 13 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/literacykits-com/index.php/2017/08/14/bookmarks-of-20170814/ Appier、エイピアという会社が、アイソンというツールの提供を日本でも開始したそうです。アイソンとはAIXONと書くそうで、「AIを搭載したデータインテリジェンスプラットフォーム」とのこと。

このツールを使ってそれぞれの企業が持っているデータ、そしてエイピアがもともと持っているデータベースと統合することで、より深い分析ができる・・・といった内容が書かれていました。ちょっと難しくて完璧に意味は理解できませんでしたが^^

AIを活用することで、CRMとの連携結果がより消費者のニーズとのマッチングが高まることはよくわかりますよね。広告やメールなどでそれぞれの消費者のニーズに合わせた表示、送信ができるのですが、ここにAIによる分析機能が入ってくると、もっと奥行きのあるニーズまで探ることが出来る、ということでしょうか。

最近の私のパソコン画面の広告表示を見ていますと、さっき調べた商品とともに結構前に調べた商品も一緒に並んでいる機会が増えました。これもAIによる分析から出てきたものなんですかね?!^^

]]>
http://www.literacykits.com/index.php/2017/08/14/bookmarks-of-20170814/feed/ 0
できるだけたくさんの情報を! http://www.literacykits.com/index.php/2017/08/07/bookmarks-of-20170807/ http://www.literacykits.com/index.php/2017/08/07/bookmarks-of-20170807/#comments Sun, 06 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/literacykits-com/index.php/2017/08/07/bookmarks-of-20170807/ SFAを運用していく際に、営業マンに言ってはいけない言葉のひとつに「できるだけたくさんの情報を入力するように!」という指示だそうです。

せっかく高額な費用を使ってSFAを導入したのですから、それを存分に使いきって売上高を上げていきたい、とい思うのが管理者ですよね。なので、SFAに入っている全ての機能を活用して多くの情報をデータ化しなさい、と言いたくなる気持ちも当然だと思われます。

ところが、実際にSFAを使っていくのは管理者ではなくて営業担当者。彼らの利用率が上がらなければSFAの導入は失敗に終わるんですね。

スマホが使えてもSFAを操作できる、とは限りません。やはりそこには使いこなすだけの知識、経験、そして目的意識が必要なんですね。これらを営業マンたちが会得しないままできるだけたくさんの情報を!と上から支持されても、モチベーションは上がりません。

最初はシンプルな機能で簡単な入力作業から始める、これが重要なんですね。

]]>
http://www.literacykits.com/index.php/2017/08/07/bookmarks-of-20170807/feed/ 0
4月がもっとも売れるそうです http://www.literacykits.com/index.php/2017/08/02/bookmarks-of-20170802/ http://www.literacykits.com/index.php/2017/08/02/bookmarks-of-20170802/#comments Tue, 01 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/literacykits-com/index.php/2017/08/02/bookmarks-of-20170802/ 4月は新入社員、異動などによって名刺を保管する名刺ホルダーが一番売れる月だそうです。そして5月になると4月に買ったものが足りずにさらに買い足しにくるお客さんもいるとか。それだけ日本では名刺の交換は挨拶代わりに重要な役目を持っているんですね。

それにしてもですよ、最近は名刺の管理ツールが流行っていると聞いたのですが、まだこんなにアナログで保管している人もいるんですね。2年前の調査によると、アナログで管理している人は8割で、デジタルでの管理はわずか1割だったとか。この2年で幾分増えているかとは思いますが、まだまだツールを活用した名刺管理って浸透していないのでしょうね。

ただ、2年前よりもきっとツールの使い勝手やデータ化の精度、セキュリティなども向上しているはずなので、2年後の調査結果が楽しみですね^^

名刺管理CRM | サービス紹介- KnowledgeSuite

]]>
http://www.literacykits.com/index.php/2017/08/02/bookmarks-of-20170802/feed/ 0